自動発達支援放課後等デイサービス

運動がもたらす効果とは?EFFECTIVENESS

運動療育はなぜ必要?
小さいころから運動に親しむことによって健康な心身と共に、日常生活を送るうえで必要な筋力、柔軟性、バランス感覚、俊敏さを身に付けることができます。
自分の体をうまくコントロールするようになれば、怪我を防いだり危険から身を守ることができるようになります。
運動が脳にもたらす効果とは?
歩いたり走ったりという単純な動作も、とても複雑な筋肉の連携を脳がコントロールしています。つまり運動すると脳が活性化し、脳の発達に良い影響を与えることができるのです。特に幼児期の早い段階で適切な運動療育を行うことで、脳の発達を促し、様々な症状が改善されることが期待できます。
運動が心に与える影響とは?
運動療育は脳の発達だけではなく、心の健康障害に効果があることがわかってきています。できなかった動きができるようになった時の喜びや達成感が自信につながり、積極的で前向きな気持ちになります。また、友達と一緒に運動することで協調性や忍耐力が身につきます。 このように体や心、脳の発達のためには、幼児期からの運動療育が大切なのです。
心身共に健康! 脳も活性! 前向きで積極的に!